関連 雑

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マスク以外の携帯用の花粉症対策として注目されているのが、

イオニオンEXとママイオンの存在ではないでしょうか?
過去にも携帯用のイオン発生器は存在しましたが、
この2機種は、それらの商品から一歩抜け出した人気商品なのです。


携帯型マイナスイオン発生器 イオニオンEX



非除菌性マイナスイオン空気清浄機 ママイオン

この商品は、目で効果を確認できませんので、
イメージでお話すると、
首からぶら下げたこの携帯用空気清浄機から発されるイオンで、
自分の顔の周りにイオンのバリアを作り出すようなイメージです。
プラスの要素を持った、花粉・PM2.5・ウイルスなどに対して、
マイナスイオンが、それに吸着することで、中和させてしまうというものです。

それぞれの商品の詳しい内容については

イオニオンEXの詳しい説明↓
【イオニオンEX】携帯用 花粉・PM2.5・ウィルス対策グッツ

ママイオンの詳しい説明↓
【ママイオン】朝ズバ!”紹介”PM2.5対策




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


スポンサーサイト
イオニオンEXは、マイナスイオンの効果で、
花粉症や、pm2.5等の、アレルギー症状を軽減してくれます。



花粉も、PM2.5も、ウイルスも、目で見ることができません。
そして、それに対して効果のあると言われる、
マイナスイオンについても、自分の目では確認不能です。

ただ、利用者は効果を感じているのですから、体感はできるのです。

花粉はプラスの電気を帯びていますので、
イオンのマイナスの電気に吸着します。
その結果、電気的に中和し、無害な物質に変えてしまうというのが、
イオニオンEXが効果があると言われる理由です。

もっと詳しくイオニオンEXの情報を見る↓
【イオニオンEX】携帯用 花粉・PM2.5・ウィルス対策グッツ




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


花粉症対策に効果的と言われる、
イオニオンEXをご存知でしょうか?
イオニオンEXは首掛けタイプの空気清浄機ですので、
職場でも気にせず利用することが可能です。


サイズも
縦84×横36.5×厚さ20(mm)ととてもコンパクト!

職場での花粉症対策って結構おろそかにしがちではありませんか?
ましてや近年では、PM2.5の問題も発生しています。
こんなちょっとした自己防衛が、あなたの生活を楽にしてくれるかもしれませんよ。

もっと詳しく情報を見る↓
【イオニオンEX】携帯用 花粉・PM2.5・ウィルス対策グッツ




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


ビフィズス菌BB536について、
わかりやすく説明されている方のブログの紹介です。

ビフィズス菌「BB536」のチカラより引用

ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見された、ヒトに棲む種類のビフィズス菌です。 現在市販されている他のビフィズス菌製品には動物に棲む種類のビフィズス菌が使われていることが多くありますが、やはりヒトに適しているのはヒトに棲む種類のビフィズス菌と考えられます。


ひとくちにビフィズス菌といってもその種類は多く、動物とヒトでは棲んでいる菌の種類が異なります。現在は約30菌種に分類されていますが、ヒトの腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が発見されており、個人によって棲んでいる菌の種類も異なります。


ヒトの腸内に常在しているビフィズス菌種は動物の腸内からはほとんど見つかりません。その逆に、動物の腸内に棲んでいるビフィズス菌種はヒトの腸内に棲みつかないと考えられています。


このように、ヒトに棲む種類と動物に棲む種類はそれぞれの腸内環境に適しているものと考えられます。


ビフィズス菌は他の生物と同じように、属名、種名で学名が付いています。さらに、ある菌種に属する特定の菌株を指す時に菌株名が付けられています。例えば、 Bifidobacterium は属名、 longum は種名、BB536は菌株名となっています。


同じ菌種でも、菌株が違うと、人間がそれぞれ個性をもっているように、菌株毎に性質や機能性も異なると考えられています。そのため、ある特定の菌株が持っている性質や機能性は同じ菌種の中の他の菌株にも言えるものではないとされています。



花粉症患者にとっては、救世主とも言えるビフィズス菌BB536。
すこしでも、このビフィズス菌BB536の存在が花粉症患者に広がるといいですよね。
そして、このビフィズス菌BB536が、花粉症対策として効果を発揮し、
花粉症患者さんたちの、お役に立てばいいなと感じます。


ビフィズス菌BB536を摂取するには?
花粉症がビフィズス菌BB536で軽減
美味しくヨーグルトで花粉症対策【ビヒタスBB536】




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 





  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 花粉症の困ったを解決
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。