マスクの常識

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
突然暖かい日が続いて、
今年も早くも花粉の時期がやってきましたね。

去年と違うところは、今年は花粉プラスPM2.5が私たちを襲っていることではないでしょうか?

昨年までの花粉対策だったら

女性などに最適の小さめタイプ


一般的に多く使われている普通タイプ


男性などがよく使う大きめタイプ


このようにサイズを考えて購入すれば問題ありませんでした。

もちろんタイプによって違う部分は、
昔からお馴染みのこのタイプ


もちろん金額は少し安くなりますが、
長時間付けていると、耳が痛くなるという方もいると思います。

しかし、ただの花粉症対策であれば、
顔にフィットするタイプを選んでおけば、
あとは、デザインや使い心地の問題ですので、
そこまで種類を意識することはなかったと思います。

しかし、
新しい問題が訪れました。

中国の環境汚染「PM2.5」です。

中国ではなく福岡での画像
PM2.5

もうニュースで大騒ぎになっているのでご存知でしょうが
PM2.5の粒子は非常に小さいものです。

花粉と比べると
PM2.5サイズ

こんな感じです。

花粉症のようにアレルギーのない人にとっては、
今すぐどうだということはないのかもしれません。

事実、タバコを吸っている人なんて、
望んで自分から煙を吸ってるわけですし・・・

そもそも喫煙可能な施設内でのPM2.5の濃度は
中国の公害の状態と大差はないと言われています。
密室で数人がタバコを吸うと、部屋の中は真っ白ですよね?

ですので、問題はあるのですが、今の状態に過剰反応しすぎているとも言えるのです。

しかし、だから何もしなくていいわけでもありません。

花粉症患者にとっては、このPM2.5による大気汚染も
花粉症と変わらない症状を引き起こす可能性があるからです。

ではどんな対策をすればいいのかというと、

先ほど説明したように、
PM2.5の微粒子は花粉のサイズをはるかに下回っています。
そして、花粉用のマスクでは、空気と一緒に通過してきてしまうのです。

そこで必要になってくるのが、
医療用として使われているような
サージカルマスクが注目されているのです。

NISHO N95規格って聞いたことありませんか?
鳥インフルエンザなどの、ウィルス感染防止などでも注目されてましたよね。

本格的なタイプは高額ですが、こんな感じです。


しかし日本製でこのようにお得セットも


普通の花粉症用マスクではなく、
このようなマスクを選択する必要も出てくると思います。

私は通常はネットで買い物をする場合、
送料無料のものを選択して購入しますので、
アマゾンでしか買い物をしないものですから、
今まではアマゾンでご紹介しましたが、

このように楽天でも沢山販売されています。


薬局で購入すると定価だったりするものも、
アマゾンなどで購入すると、半額だったりもするので、
このあたりをうまく利用しながら自己防衛を行っていけばいいと思います。

対策をしないもの自由です。
しかし、将来のことを考えて、
症状を悪化させないための対策をとっておくのも、大切なことなのではないでしょうか?


まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


スポンサーサイト
マスクには様々な種類があります。
しかし、高いマスクを使うことだけが正しいことではありません。

もちろん、高額のマスクを購入することで、補えることもあります。

しかし、マスクを利用するにあたっては、
基本的な利用方法は知っておいたほうがいいでしょう。

一般用マスクの正しい使い方
(画像:株式会社白元のHPより引用)

マスク1
付ける前には手を洗い、上下広げてから取り付けます。



マスク2
ノーズフィッターを上にして、顔に当てながら、紐を耳にかけます。



マスク3
ノーズフィッターを鼻の形に合わせて、軽く押さえます。



マスク4
ブリーツを下に広げて、顎まですっぽりと覆います。



どうですか?
日頃からこのように使っている人は何も問題はありませんが、
そうでない方は注意してくださいね。
また、よく見るかもしれませんが、
次のような利用方法だと、マスクを使う意味が程んどなくなってしまうので注意してください。


間違った利用方法

マスク5
鼻をだす。



マスク6
あごがあいている。


マスクは顔にフィットすることで、その効果を最大限に発揮します。
もちろんマスクを利用する目的が、口を隠すためであれば問題ありませんが、
花粉症対策や、ウィルス対策であれば、顔とマスクとの隙間があくことで、
その効果は十分とは言えなくなってしまいます。
もちろん、花を出してしまっている状態は論外とも言えますよね。



参考記事

マスクの種類による違いとは?

マスク選びのポイント!【花粉・PM2.5】




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


マスクをつけるといっても、マスクはものすごく沢山の種類があります。

マスクを買うといっても、どのマスクがいいのかって迷ってしまいませんか?


大きく分けると以下のような種類に分類されます。

・家庭用マスク


おもに、かぜ、花粉対策や保温・保湿などの目的のために利用され、素材や形、サイズなどのバリエーションが豊富。
長時間快適に利用できるのが特徴。


・産業用マスク(工業用マスク・防塵マスク)


おもに、工場などの防塵対策として使用されるマスク。
粉塵の量や性質によって、口や鼻だけでなく、顔全体を覆うものもある。


・医療用マスク(サージカルマスク)


もともとは医療用に使用される感染防止用マスクで、“外科手術の”という意味で 「サージカル」から「サージカルマスク」とも呼ばれている。
重症急性呼吸器症候群(SARS)が世界的な話題となり、N95マスクのように、感染症患者に対応するための高性能フィルタを使ったタイプも増えてきた。
最近話題となっている中国の大気汚染問題で「PM2.5」を防ぐためにも、このサージカルマスクが利用されている。


現在では、家庭用マスクとしてサージカルマスクも販売されているため、
家庭用と、医療用の区別は難しくなってきているが、
自分がマスクを使う目的を考えると、その選択もやりやすくなります。



参考記事

マスクの正しい使い方

マスク選びのポイント!【花粉・PM2.5】




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 





  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 花粉症の困ったを解決
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。