PM2.5関連

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日、兵庫医大の島正之教授が、週平均20を超えると、
ぜんそく発作率が急増という発表をしていましたね。

このブログでは、いままで、PM2.5で騒ぎすぎなんて事を書いてきましたが、
ちょっとこんな発表をさてれしまうと、もっと自己防衛が必要なのでは?と思えてしまいますよね。

まずは、朝日新聞のこの記事をご覧ください。

朝日新聞を引用

【桜井林太郎】健康への影響が心配されている微小粒子状物質「PM2・5」について、濃度が週平均値で1立方メートル当たり20マイクログラム程度を境に、発作を起こすぜんそく患者が増えるという結果が、兵庫医大の島正之教授(公衆衛生学)らの研究チームの調査で出た。子どもと高齢の患者で影響が出やすいのも確認された。金沢市で開かれている日本衛生学会で26日に発表する。

研究チームは、発作を起こしたぜんそく患者数を1週間ごとに集計している兵庫県の姫路市医師会の協力を得て、昨年1~7月の同市内のPM2・5の濃度の変化との関連を調べた。

期間中のPM2・5の濃度は週平均値で12・1~32・1マイクログラムの範囲で、患者数は1週間で187~314人だった。

統計解析の結果、週平均値でPM2・5の濃度が15・8マイクログラム以下の場合に比べ、19・7~24・5マイクログラムの場合は発作患者数が14%増、24・5マイクログラム超で19%増となり、明確な差が出た。15・8~19・7マイクログラムの場合では差が出なかった。年齢別でみると、PM2・5が8・7マイクログラム増えるごとに、14歳以下で24%増、65歳以上で12%増と影響を確認できたが、15~64歳では明確な差がなかった。


さてどうでしょうか?
花粉症とぜんそくを合わせ持っている方にとっては、、
ちょっと最悪な発表となってしまいましたよね。

まあ、原因はわかっているのですから、
大変なんて言ってるよりは、
まずは、解決策を探しましょうか。

まず、一番重要になるのは、マスクでしょうね。

マスクについては、この記事を参照ください↓
マスク選びのポイント!【花粉・PM2.5】

ここまでは、誰でもやっている予防策ですので、
当たり前以上の自己防衛としてオススメなのが、
イオニックEXやママイオンという、携帯用空気清浄機です。
こういったアイテムを身につけることで、外出先でも、
あなたは常に、イオンに守られた状態を保てますよね。

イオニックEXの情報はコチラ↓
【イオニオンEX】携帯用 花粉・PM2.5・ウィルス対策グッツ

ママイオンの詳しい説明はコチラ↓
【ママイオン】朝ズバ!で紹介されたPM2.5対策

あとは、自宅の環境をよくするための空気清浄機でしょう。

PM2.5に対応する空気清浄機として一番おすすめなのは、
やっぱり、HPEAフィルターのプラズマクラスター空気清浄機です。

空気清浄機を通過したPM2.5は、HEPAフィルターでキャッチされ、
空気中に漂うPM2.5に対しては、プラズマイオンと加湿効果で対応。

この3段階での対策であれば、
部屋の空気いち早く快適になること間違いなしです。

PM2.5がこれだけ問題があるということは、
もちろんタバコでも、魚を焼いていても同じような影響はあります。
そして、外のPM2.5が気になるからといって、
換気のために窓を開けないなんてこともできないでしょう。

そうなると、こういったPM2.5にも対応した空気清浄機は必要ということになります。

空気清浄機の選び方についてはコチラ↓
空気清浄機の選び方【種類を知る】

シャープの空気洗浄機を選択するならコチラ↓
シャープの空気清浄機の選び方2013【花粉・PM2.5・黄砂】

こうやって対応策さえしっかりやっておけば、
PM2.5にたいして、そこまで大騒ぎする必要はありませんよね。




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


スポンサーサイト
PM2.5問題の解決はまだまだ先になりそうです。

そこで、多くの方がたよりにしているのが、空気清浄機の性能ではないでしょうか。

空気清浄機を発売しているメーカは沢山あります。

その中でも、人気が高いのが、
「プラズマクラスター」なのではないでしょうか?

シャープのプラズマクラスターの効果としては、

・浮遊カビ金の除去
・浮遊菌の作用を抑える
・富裕アレル物質の増加を抑える

基本的にはこのような効果があるようです。
プラズマクラスター搭載機でも
7000シリーズと25000シリーズがあり、
その違いというのが、

・癒着カビ菌の増殖を抑える
・浮遊ニオイ原因金の作用を抑える(部屋星衣類の生乾き集など)
・肌のツヤ/ハリ/キメ効果

この3つの機能があるか、ないかという部分が大きな違いとなるようです。

そもそもPM2.5とはなんなのでしょうか?
大雑把に行ってしまうと、
モノを燃やした時に出る、灰みたいなもので、
極端にサイズが小さいために、吸い込むと肺まで到達してしまうというものなのです。

PM2.5サイズ

だからこそ、医療用のマスクや空気清浄機で除去しないとという話になっているのです。

中国では、
中国PM2.5
こんな状態に、

さらに、日本でも
PM2.5

こんな状態になってしまっています。

そこで、人気になっているのが、
プラズマクラスター搭載の空気清浄機なんですよね。

でも、
多くの方が勘違いしているのが、
プラズマクラスターの効果でPM2.5を除去できると思っているところです。

じつは、
ジャープの空気清浄機でPM2.5を除去できるというのは、
HEPAフィルターの存在なのです。

このHEPAフィルターとは、
10,000個のウイルスやアレル物質などを含んだハウスダストを、
このHEPAフィルターを通すことで、
たったの3個しか残さないという高性能のフィルターなのです。

この、0.3μmのハウスダストを99.97%以上集じんできる機能こそが、
シャープの空気清浄機でのPM2.5対策として大きく活躍しているのです。
シャープPM2.5対応

もちろん、プラズマクラスター機能が全く効果がないとは言えません。
しかし、プラズマクラスター搭載機が、PM2.5へ絶大な効果があるというのは、
じつはこの、HEPAフィルターのことなのです。

HEPAフィルター搭載のプラズマクラスターは、この6機種です。

【KI-BX85】シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機
【KI-BX70】シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機
【KI-BX50】シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機
【KC-B70】シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機
【KC-B50】シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機
【FU-B51】シャープ プラズマクラスター空気清浄機
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


花粉と、PM2.5、黄砂の影響で、今コインランドリーが大人気って知ってますか?

理由は簡単ですよね。
答えは、外に洗濯物が干せないからです。

花粉や黄砂だけでも、一枚ずつ叩きながら家の中に取り込むのは大変です。
さらに、PM2.5に関しては、叩いたところであまり効果がないというのが現実です。

そこで、多くの主婦たちが、コインランドリーに集まっているのです。

部屋干し対応の洗剤もかなり充実していましたが、
やはり、それだけでは匂いがちょっとというのが現実です。



もちろん、このような洗剤で対応する方法もあるのですが、
かなり面倒な作業が待っているのです。

その作業というのが、
50度程度のお湯につけおきをしてから選択をするという方法です。
そして、乾かす時も、
風通しが良くなるように、間隔をあけて干すようにし、
さらに、扇風機で風を当てながら乾かすようにするのです。

そうすれば、比較的匂いにくくなるのですが、
それでも、完全ではないですよね。

そもそも、コインランドリー代もバカになりません。
そこでいま【除湿機】に人気が集まっているのです。

そこでオススメな機種が、シャープのプラズマクラスター搭載除湿機CV-B100です。



でも、まだ除湿機での部屋干しに抵抗のある方もいるでしょう。
じつは、私の家庭では、10年間部屋干しを続けているのです。

はじめは、扇風機2台で頑張りました。
しかし、やはり乾きが遅いことで、匂いが気になってしまうので、
次に除湿機を使ってみました。
この時点で、既に大きな問題はなくなっていました。

そして、いまではプラズマクラスターによる脱臭機能で、
洗濯物を乾かすだけではなく、居酒屋などでの服についた嫌なタバコの臭いまで、
この部屋干しをすることで、解消することができるようになったのです。

このプラズマクラスター除湿機を設置するだけで、
部屋干しによる嫌な匂いを解消するだけでなく、
衣服についた嫌な臭いまで解消できるようになったのです。

だから私は自信を持っておすすめします。

おすすめの除湿機
プラズマクラスター7000搭載 シャープCV-B100

商品仕様
定格除湿能力(50/60Hz):9/10L/日
高濃度プラズマクラスター7000適用床面積(目安):14畳(23m2)
冷風機能(強~弱) 室温27℃、湿度60%:室温差-9~-11℃
自動除湿運転:○(温度・湿度Wセンサー)
衣類乾燥時間:約80分
押入れ(ふとん)乾燥:○
吹き出し方向:上下120°オートスイング
満水サイン:○
取っ手付タンク:○
取っ手:○(キャリングハンドル)
キャスター:○(4輪(横移動のみ))
タイマー:○(2・4時間切)
使用可能温度:3~38℃
消費電力(50Hz/60Hz)(1時間当りの電気代目安)
・衣類乾燥切換つまみ「除湿」/湿度60%
室温27℃:250W(約5.5円)/290W(約6.4円)
室温30℃:260W(約5.7円)/305W(約6.7円)
・衣類脱臭:41W(約0.9円)/48W(約1.1円)
運転音(冷風運転時)(50/60Hz)
・強47/47dB
・弱37/37dB
排水タンク容量:1.8Lで自動停止(水ピタガード付)
外形寸法:幅372×奥行き235×高さ560mm(ハンドル部含む)
質量:約12.8kg



SHARP プラズマクラスター 冷風除湿機 CV-B100-W




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


いま空気清浄機といえば、
「PM2.5」に対応するかどうかというのがポイントになるでしょう。

中国PM2.5


PM2.5の問題になっているのが、あまりにも粒子が小さいことが挙げられます。
PM2.5サイズ

そもそもこんな小さい粒子を、空気清浄機で除去できるのか?
という部分が気になるところだと思います。

このPM2.5に関しては、シャープのプラズマクラスターや、パナソニックのナノイーなどでは、
活性炭素で分解するというもののため、この件に関しては、役に立ちそうもないですよね。

そうなってくると、
フィルターでどれだけ取り除くことができるのか?
という部分に注目が集まると思います。

PM2.5は2.52.5μmと非常に小さい粒子です。
このサイズの粒子を取り除くことができるフィルターといえば、
やはりHEPAフィルターではないでしょうか。

HEPAフィルターは、0.3μmの粒子に対し、99.97%以上の囚人力を持っています。
そうなると、HEPAフィルター搭載機種を選択すれば、まず確実に効果は期待できそうですよね。

HEPAフィルターといえば、やはり人気のあるのはシャープのプラズマクラスターでしょう。


SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 600mL/hタイプ ホワイト系 KC-A70-W


HEPAフィルターのように、目の細かいフィルターを使うのとは対照的に、
プラズマイオン化部という電気集じんをおこなっているのがダイキンです。

高性能のHEPAフィルターだからこそ起こってしまう弱点、目詰まりを回避できるのがこの構造です。
ホコリなどに磁力を帯びさせ、フィルターでキャッチするというもののため、
使用しているうちに、集じん能力が減少してしまうということがないということになります。
まあ、きちんと定期定期にフィルター交換をしていれば何の問題もないので、
どちらを選択するのかはお好みでという感じになりそうですね。


ダイキン工業 加湿空気清浄機うるおい光クリエール ACK70N-W


ただ、中国では、シャープのプラズマクラスターが一番人気があるようです。
やはり、原理より、フィルターで全てろ過するという方が、わかりやすいのかもしれませんね。


ということで、オススメなのは、
シャープのプラズマクラスターです。


シャープの空気清浄機の選び方2013




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


PM2.5の問題についてどう考えますか?

朝日新聞にPM2.5とタバコの煙を比較した記事があったのですが、
しっかりと数値が出てたのでご紹介しますね。
その記事は、中国の大気汚染で、問題となっているPM2.5にからんで、
日本癌学会などの、18学会がつくる学術グループが、
日本国内では、野外のPM25より、屋内の受動喫煙によるPM2.5の問題について、
衝撃的な数値を発表してました。

朝日新聞より引用
22日、記者会見した禁煙推進学術ネットワーク(委員長、藤原久義・兵庫県立尼崎病院長)によると、福岡市の喫煙可能な喫茶店での測定結果は常に1立方メートルあたり300マイクログラムを超え、平均371マイクログラム。横浜市のカフェの喫煙席も200~700マイクログラムだった。日本の1日平均の環境基準である35マイクログラムを大きく上回り、中国の屋外と同様の濃度を記録した。



花粉症患者にとって、PM2.5の影響で屋外での過ごし方について、
注意が必要だと言われているけど、
この数値を見ると、アレルギー反応を恐るのであれば、
屋内でもマスクは、手放せないアイテムになってしまうようですね。


参考記事

マスクの種類による違いとは?

マスクの正しい使い方

マスク選びのポイント!【花粉・PM2.5】




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 





  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 花粉症の困ったを解決
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。