症状の特徴

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
花粉症といえば、鼻づまりといえるぐらいに、
多くの花粉症患者が、辛い思いをしている症状の一つです。

花粉症の鼻づまりは、
鼻の粘膜に付着した花粉を、体外に排出しようと免疫機能が働き、
ヒスタミンが分泌され放出されます。

その、ヒスタミンの作用で刺激された血管が、拡張し、血管壁が緩むことで、
血液中の水分が溢れてしまい、鼻づまりという症状を起こします。

この鼻づまりの厄介なところは、症状が出るまでに時間差があるところにあり、
昼間に吸い込んだ花粉が影響で、夜に鼻づまりが酷くなったりもするのです。

このあたりが風邪とは少し違うところで、

風邪をひいて鼻づまりを起こしている時と同様に、
ひどい鼻づまりは、頭がボーっとしたりと、
生活に支障が出るほど、集中力が低下してしまう恐れもあります。

その対処法としては、

温めたタオル等を花に当てて、花を温めることでも解消されます。
お風呂に入っているときは、鼻の通りがいいのはこのためですね。

それ以外の対処法としては、
「アルガード 鼻すっきり洗浄液」などを利用するのもひとつの方法です。



あとは、「ハナクリーン」なども人気の高い商品です。



もっと本格的に鼻のケアを行うのであれば、
「ハナクリーンEX」なんかがオススメです。



鼻づまりに関しては、ケアをおろそかにすると、
睡眠の妨げになってしまう可能性があり、
健康状態をも脅かされる状態になる可能性があるため、
長い目で見ると、早めの対応を考えたほうがいいでしょう。




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


スポンサーサイト
花粉症で代表的なつらい症状といえば、
やはり鼻水なのではないでしょうか?

この鼻水も、風邪なのか花粉症なのか、
その判断は難しいところですよね。

鼻水というのは、体に入ってこようとする異物を、
体外へ流しだぞうという働きです。

ですので、風邪であっても、花粉症であっても、
華をかんで外に出すというのは、とても大切な行動なのです。

では、風邪と花粉症の鼻水の違いなのですが、

じつは、花粉症の鼻水は、風邪の時と違って、
泣いた時に出る鼻水と同じで、とてもサラサラな状態なのです。
単純に、異物を体外に流しだそうという働きのため、
無職透明の、ほぼ涙と同じ成分のさらさらとして鼻水が出てくるのです。

では、風邪の時はどうでしょうか?
風邪の場合の鼻水は、ウイルスを撃退した白血球が混じっているため、
サラサラとしたものではなく、粘度のあるドローとした状態なのです。

しかし、風邪の鼻水とは違い、花粉が収まるまで鼻水も止まりません。
そうなると、ティッシュペーパーがお友達等状態になりますよね。

何度も鼻をかんで、鼻の入口が赤くただれて痛くなった経験はありませんか?
これについては、一般のティッシュに比べると少し高いですが、
毎日痛い思いをするのであれば、こういうアイテムを試してみるのもいいのではないでしょうか?

アマゾンで探してみる↓





楽天市場で探してみる↓


使ったことのない人は試してみてください。
きっと、この時期は手放すことのできないアイテムになりますよ。




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


花粉症に悩まされている方の多くは、
「くしゃみ」に悩まされているとも言えます。

花粉症のくしゃみは、朝まで続き、
夜もゆっくり眠れなくなるほど、強い症状の方もいます。

しかし、もしかしたら花粉症?
なんて思っている方にとっては、
それが風邪の影響なのか、
もしくは、花粉が影響なのかという、区別がつけにくくないですか?

花粉症の時期だから、もしかしたら花粉症かな?
なんてことは思うけど、今まで違ったし、風邪かな?
みたいに感じたことのある人は、とても多いと思います。

では、風邪と花粉症のくしゃみのちがいって、どんなところなのでしょうか?

花粉症のくしゃみの特徴は、回数が多く、連続して次々とくしゃみが出るというところにあります。

回数で言うと、5回以上のくしゃみが、一日中続く。
そんなつらい症状の方も少ないないのです。

筋肉の弱い女性は、このくしゃみが原因で、
腹筋や、胸筋を炒めることもあり、油断することのできない状態なのです。

風でも花粉でも同じなのですが、
くしゃみは、体内に入ってきた異物を、体外に吐き出そうとするのが原因です。

ですので、期間はとても長くなることが多いため、
症状がひどくなる前に、マスクなどを着用し、早めに予防しておいたほうがいいでしょう。



参考記事

マスクの種類による違いとは?

マスクの正しい使い方

マスク選びのポイント!【花粉・PM2.5】




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


花粉症というと、スギなどの花粉を吸い込んだ結果、
くしゃみや鼻水が出る病気だと認識している人は多いですが、
体の中で、どんなことが起こっているのかを知っている人は非常に少ないですよね。

まずは、花粉をイメージしてみましょう。

春になると、山から煙が出ているような風景をよく目にすると思います。

花粉山

これを近くから見ると、こんな感じになります。

花粉木

この状態でも、体が受け付けないのはイメージできますが、
もっと近づいて確認してみましょう。

花粉1

違う写真でも確認

花粉2

こんなものがあれだけたくさん飛んでいるのです。

そして、この一粒を見てみると、こんな感じです。

花粉3

なんとなく体が受け付けないのは理解できますよね。

もちろん花粉にも種類があって、それぞれ形は違います。
しかし、そんなこと細かく覚える必要はありません。
まずは、こんな花粉を吸い込んだ時に、
あなたの体が、それを異物と判断したものが、花粉症ということなのです。
簡単にその流れを説明すると、


第一段階
まずはあなたの鼻や目の関所を花粉が通過するときに、
あなたの番人が、その花粉を異物かどうかを判断します。

花粉症の症状が出ていない人は、ここで、花粉を異物と判断していない状態です。

第二段階
あなたの番人が、異物侵入の危険有りと判断した場合、T細胞に連絡し、T細胞はさらにB細胞に連絡し、
連絡を受けたB細胞は、形質細胞に変わっていき、「IgE」とういう抗体を生産します。
この時点で花粉症の準備は万全となり、あなたの番人は花粉を完全に異物と判断し始めるのです。

第三段階
IgE抗体が準備された状態で、花粉が体内に侵入しようとしたときあなたの番人は、
白血球(主に肥満細胞)からヒスタミンや化学物質を生産させて、
その異物を排除するために、鼻みずや涙を出して対応しようとします。

第四段階
このような一連の作業が行われている最中の症状が、
くしゃみで花粉を排除する。
鼻みず、涙で洗い流す。
鼻づまりで内部への侵入を某行する。
この状態のことを、花粉症として表現しています。





まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


花粉症といえば、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、涙なんかが一般的ですが、
じつはそれ以外にも沢山の症状があるって知ってますか?

それでは、まずは花粉症の症状にもいろいろあることを、知っておくことから始めましょう。

この中に、あれって思うものがあれば、少し注意して観察したほうがいいかもしれませんね。


花粉症の症状のいろいろ

顔の浮腫(むくみ)

花粉症が原因で炎症が起きることがあり、炎症が起きてしまうと、
血管外に白血球がでやすくなり、血しょう水も細胞間質にでやすくなってしまいます。
つまり、浮腫やすい状態となり、その浮腫が顔にでると、浮腫んだ顔となってしまいます。


発熱

花粉症の症状として、正式に発熱が花粉症の症状とはされてはいません。
しかし、花粉の飛散量が増えてくるにつれて、毎年のように微熱が出てしまうことがあるようです。


金属アレルギーや化粧アレルギー

花粉症はアレルギーのなかの一部です。ただでさえ、花粉症の時期は空気が乾燥していて、
乾燥肌や、敏感肌の人にとっては、皮膚に影響の出やすい時期とも言えます。
そんな時期に、顔が花粉にさらされてしまう事が引き金となって、メガネや、化粧品などに対するアレルギーが急に発症してしまうこともあるようです。


吐き気

一般的に言われている症状では、目、鼻、喉の呼吸器系への症状が花粉症の症状だとされていますが、
じつは、その症状が消化器系にも影響することもあるのです。
花粉が多い時期に、砂埃が口の中に入ったような、ザラザラした感じを味わったことはありませんか?
これによって、胃酸分泌が増えてしまうと、逆流性食道炎を引き起こしてしまうのです。
胃の炎症が強くなることで、胃潰瘍やビランとなってしまいます。逆に抵抗力が強いと、内視鏡検査などでの発見が難かしくなってしまい、機能性胃腸症の診断となってしまいます。
腸全体で炎症が起きてくると、お腹に風船が入ったような感じになり、この場合は過敏性大腸症と診断されることもあるそうです。
口が痒い時期は、肛門も痒くなるという症状もあるようです。




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 





  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 花粉症の困ったを解決
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。