花粉症が増えている理由

QLOOKアクセス解析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近では、花粉症という言葉は当たり前になりました。
しかし、よく思い出してみてください。
20年前は、花粉症なんて言葉はあまり聞かなかったのではないでしょうか?

まず、日本で一番多いとされているのが、スギ花粉による花粉症です。
その原因となっているのは、スギの植林事情が大きく影響してます。

日本でスギ花粉症患者が増え始めたのは、昭和50年頃です。

戦後の復興のために、昭和30年代に拡大造林と呼ばれる、林業政策によって、
日本中にスギが植林されました。

スギが成長して成木なるのに約40年ほどの時間がかかります。
その戦後に植林されたスギの大半は、現在樹齢30~40年となって、今まさに活発に花粉を飛散しているのです。

さらに、低価格の輸入木材に押され、国内の木材自給率は一気に低下し、スギの手入れを行う人材が減ってしまっているのも、その影響を強めている要因でもあるのです。

同じように、ヒノキもスギ同様に、木材としての人気を理由に、ヒノキの植林が進んだことがきっかけで、スギと同じように花粉症の大きな原因となっています。


それ以外では、大気汚染もその原因となっています。
排気ガスなどで汚染された大気中の多くの微粒子が抗体を産生しやすくし、花粉症の発症を促進すると言われています。

そして、環境の変化という部分では、
舗装道路の増加に伴って、花粉が一度地面に落ちても、舗装された路面の上では、再び花粉が宙に待ってしまうのも、原因として考えられています。

環境の変化以外にも、それぞれの免疫力も影響しています。
高タンパクや高脂肪の食生活を続けていたり、不規則な生活リズムや、ストレスなどが原因で、
アレルギーに対する抵抗力が現状していることや、
通気性の少ない住宅やオフィスの増加に伴って、ダニ・カビの温床をつくり、
アレルギー体質になりやすい環境も影響しています。

花粉が増え、アレルギー体質になりやすい環境が整い、免疫の定価に伴って抵抗力がなくなる。
このようなことを考えると、花粉症患者が増え続けるのもわかるような気がしますよね。




まとめページはこちら
【花粉症】知っておきたいことのまとめ
花粉症・PM2.5を考えた空気清浄機の選び方
シャープ 2013年最新空気清浄機情報【花粉・PM2.5】 


トップページスポンサー広告||基礎知識花粉症が増えている理由












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kukikirei.blog.fc2.com/tb.php/8-d8f61ba4




  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 花粉症の困ったを解決
  • SEOキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。